使用する網

住宅内に多く存在している網戸ですが、網戸には数多くの種類が存在しています。
特に、蚊のような小さな蚊や、ハエなどが通りにくいような網が網戸の網として利用されています。

蚊やハエは、小さくても5ミリ以内の大きさとなっています。
網戸の網のマスは、ほとんどが1ミリ以下のマスで作られています。
小さなマスにすることで、大きな虫はもちろん、小さな虫の侵入も防ぐことが出来るのです。

こういったマス以外にも、ハエや蛾などの大きな虫の侵入を防ぐためのマスの大きさもあります。
住宅のトラブルで多くある虫によるトラブルに合わせて、網戸の網が使用されているのです。

それぞれのマスの大きさによって作られた網は、網戸の大きさによって異なる幅で販売されています。

一般的に、網はメッシュという言葉に表されて販売されています。
一般的に使用されているのが16から24メッシュまでの大きさとなります。
数字が大きるなるほどに、マスが小さくなるといった表し方をしています。

虫の侵入から室内を守るための網戸は、現在花粉などの侵入も防ぐ網戸が開発されるまでになってきました。

一般的に使用されているマスより、小さなマスも出始めています。
花粉に悩まされる人も多いため、花粉対策の取られた網戸も作られてきているのです。

網戸の張替えを行う際、それぞれの目的に応じた網を購入し、張替えを行うことが重要になっていきます。
網戸の交換時期は一般的に、5年ほどとなっています。
1度張替えをし、その後に使用すう網が異なってくると、やり直すために再度時間や金額も費やしてしまいます。

そういったことがないように、網戸を選ぶ際は網の種類に関する知識を取り入れることが必要となるのです。